さるたに秘密メモ@はてなブログ

不定期更新。ゲームとか4コマ漫画などなど。

ある1月26日の名古屋オフ

星野安住さんが主催する名古屋オフに参加してきました。

  …が、主催の星野さんを除いて大阪勢ばかりが参加してしまったことで「名古屋オフ」というアイデンティティを早くも投げ捨ててしまったようです。


ぶっちゃけ私ら大阪勢が旅費を出しあって星野さんに大阪へお越しいただく方が早かったんじゃねえかという説もありますが、一応頭数は揃ったので対戦開始。

第1試合 ラクーン/ノーマル/ブリード禁止/8000G/30R

www.youtube.com

 

f:id:Sarutani:20190209054954p:plain

火属性殺しをテーマに組んだ水ブックを持ち込んでみたところ、見事なまでに水属性被りでコンセプトが盛大に空振り。
(私&キセノンさんが水単、まそっぷさんが水風。カズキさんは多属性)
…しかも序盤でルート選択を間違えて以降なかなか水土地が取れず、仕方なく魔法石を買い貯めるショボめな展開が続きます。

全体の流れとしてはキセノンさんが手堅いプレイで終始優勢でしたが、ノリで暴れるまそっぷさんにディスコード食らって連鎖を潰されたり、まそっぷさんのLv4を踏んだりと停滞気味。そのおかげで私も序盤の遅れを取り返してトップ争いに食い込む余地ができました。

主にまそっぷさんのせいで散々な目に遭ってキレそうながらも辛うじてトップをキープしていたキセノンさんでしたが、まそっぷさんの侵略&カズキさんの追い打ちライトニングドラゴンで連鎖を失ったことで周回ボーナスを得ても達成できなくなり、次のターンで達成確定な私を止める手段がほぼ無かった状況で気合いのダイス12を繰り出し、マナ+周回ボーナス+砦ボーナスで約900Gを叩き出して見事に達成。
やっぱ強い人はロクでもない状況でも常にワンチャン狙って積み重ねていくもんだな~とか思った一戦でした。

f:id:Sarutani:20190130021718j:plain

第2試合 ロングホーン/ノーマル/ブリード禁止/8000G/30R

www.youtube.com

さっきの火属性殺し水ブックを微調整して再投入。

…しかし、当のメタ対象である火ブックのキセノンさんが見事にラントラ速攻ゲーを決めてしまったので他に語ることはないです。
まそっぷさんのミラーワールドで配置が捗らなかったのも一因でしたが、それを抜いても速度で完敗してましたね。

 

f:id:Sarutani:20190130021715j:plain

昼食 らー麺藤平 上前津店/900G/ギョーザセット

下前津店 | どさん子ラーメン

星野さんオフで定番化しつつあった「ザ・めしや」でのランチに少々飽きてたのもあって、会場から手近なラーメン屋を見つけたのをこれ幸いと飛び込んでみました。

このチェーン店の名物らしい焼きプリンを頼む人は誰もいなかったり、日本語に不慣れな感じの店員さんがセットのご飯を忘れられたりしつつも、クドすぎず薄すぎない味とボリュームは少人数での昼メシに丁度いい店でした。

メシを食いつつ取り留めなくダベってましたが、相変わらず色々と無防備すぎる星野さんへ「前に会った時は分からなかったけど、星野さん超ヤベーっすね!」と素直すぎる思いをぶちまけたカズキさんの計り知れないポテンシャルを知れたりと、得るところが多い一席でした。

第3試合 バンブルビー/ノーマル/ブリード禁止/8000G/30R

www.youtube.com

先ほどの試合で最下位だったので、この試合は観戦に回りました。

次の試合用にブックを編集したり、節分の豆を集める提督業の合間に試合を眺めていましたが、まそっぷさんがブっ放したプレイグで場が荒れるわ、トップのキセノンさんのLv5を星野さんが次ターンにマジカルリープ侵略で確殺できる状況で、まそっぷさんがリープをメタモったことで星野さんがリアル激怒(侵略側の場合、戦闘中ST+α)が発動しつつある状況で当のまそっぷさんがゲラゲラ笑ってるのを見て、カルドオフ初の流血沙汰が起きるんじゃね…と、ギャラリー的にも落ち着かない試合でした。

第4試合 スパイクス/ノーマル/ブリード禁止/8000G/30R

基本的には4位が抜けてましたが人数的にガチ連戦するような状況でもないし、連戦してるからそろそろ休憩しようか…ということで、唯一配信機材を揃えてるキセノンさんが抜けたので今回は録画無し。

f:id:Sarutani:20190209055211p:plain

Lv1攻防を意識しつつパシフィズム&ウィロウでワンチャンがっぽりを狙う急造火走りブックを投入してみたところ、序盤でパシフィズムを引ききった上に肝心のウィロウを置く機会は無かったものの全体的に火拠点が落ちにくい環境だったことに加えて普段は火ブックを使わないことで意表を突けたのか、総魔力で勝る星野さんに足勝負で競り勝って試合終了。
連鎖確保&嫌がらせ要員として投入したシャドウガイストは思った以上にいい仕事してくれました。

f:id:Sarutani:20190130021713j:plain

第5試合 ゴールドバグ/ノーマル/ブリード禁止/8000G/30R

www.youtube.com

 

私と星野さんが水ブック、キセノンさんが火&カズキさんが火地という分かりやすい対立構造となりました。

「さるたにさん、協調しましょうね!」

代々木杯の決勝卓でも星野さんに同じようなこと言われた気がするけど、始まったばかりでそんなこと言われてもねぇ…。

全体的な流れとしては、全員が満遍なく土地を確保しつつも火属性お得意のゴリ押し侵略を食らったら…と思うと迂闊な増資ができない私(水)と星野さん(水)がやや停滞気味な状況でキセノンさん(火)が独走してましたが、高額を踏んで天トラを強いられたカズキさんにドレマジをかました星野さんがラントラを決めてキセノンさんに追いつき、以降はこの2トップを他二人が追う展開となります。

とはいえ、以降は大きな高額踏みも拠点陥落も起きない比較的穏やかな展開だったので、私も中盤には追いついて三つ巴な状態に持ち込めました。
終盤は土地が盤石な星野さんがラントラを通しつつトランス直後のキセノンさんへ無慈悲なドレインマジックを決めたりして達成目前まで持ち込んだところで、散々悩んだキセノンさんがキングメーカーになるのを承知で星野さんのLv5アクアデュークへ苦渋のバインドミストを撃ち込んだことで、当のLv5を私が奪って棚ボタ気味に達成勝利。
このバイミスは星野さんだけじゃなくキセノンさんにとっても不本意な一手だったでしょうけど、ほぼ確実に次ターンで達成されるよりはマシと思って悪あがきする気持ちは分かります。

自領地に隣接する星野さんのLv5へバイミス撃ってれば十分勝ち目があったことに後日気づいたキセノンさんのツイートを見て爆笑したのはここだけの話。

 

f:id:Sarutani:20190130021710j:plain

番外戦 ジャンクション/ノーマル/ブリード禁止/8000G/30R

youtu.be

時間に余裕があるのでもう一戦!となりましたが、寝不足で疲れ気味な私は休憩&観戦に回りました。

属性が二極化(まそっぷ:風 キセノン:風 星野:火 カズキ:火ライフォ)した上に中盤以降は高額踏みが頻発するジャンクションらしい惨状を傍から見てて、正直「混ざらなくてよかった…」と思っちゃいました。

二次会 大衆居酒屋/食べ放題&飲み放題/3000G/2H

対戦を終えて、会場近くの居酒屋で二次会開始。

対戦会には少なめな人数だったのは否めませんが、比較的新顔なカズキさんが幸いにコミュ力高めだったこともあり、満遍なく交流するのに丁度いい人数だったかもしれませんね。

食べ&飲み放題なのに付け込んで皆がモリモリ食べ飲み盛る中で星野さんがダイエットを気にしてる風なことを言ってて、「やっぱり年頃の娘さんは野郎どもと違うな~」と思ってたんですが、話を聞くとダイエットに関しても16bitsさんの助言を拠りどころにしている模様。

以前から星野さんが何かというと「16さんが~」と言ってるのを見て「どんだけ崇拝してるんだ…」と思ってましたけど、今回のオフで世話焼きな保護者に懐いた子供状態じゃなかろうか、という結論に達しました。
…星野さんが変な輩に引っかからず、16bitsさんみたいな常識人に懐いたのは幸いでした。

時間の都合でまそっぷさんが途中で抜けたものの、残った私が懐古話を繰り出すおっさん勢としての立場を維持しつつ、飲んで話して食べて笑って解散。
ガチには程遠いゆるゆるな対戦会でしたが、こういう風に顔を付き合わせて大人げなく一喜一憂してキレて笑ってゲームするのは最高に楽しいですね。

 

…ちなみに5/25(土)にも大阪市内で対戦会やるので、よかったら是非ともお越しくださいませ。

twipla.jp

ある11月23日の大阪カルドセプトリボルト対戦オフ…せいせき

去る11月23日(祝)に大阪市内でカルドセプトリボルトの対戦オフを開催しました。

twipla.jp

参加して頂いたセプターの皆さま、誠にありがとうございました。

 

さしあたり、対戦成績を発表いたします。

総勢20名による戦いを制したのは、遠征勢のBambooさんでした。

f:id:Sarutani:20181128001224j:plain

f:id:Sarutani:20181128001252j:plain

※総合順位は各試合ごとに得られる順位ポイントの累計で決定しています。

(1位 10p:2位 5p:3位 2p:4位 0p)

 

※順位ポイントが同点の場合は総魔力の累計が高い者を上位としています。

 

※第1~第4試合の組み合わせは主催が事前に設定、

 決勝戦は前4試合での成績順による組み合わせとなっています。

 

※小中翔太さんは第2試合以降は参加できなかったため、大会ルールに基づきCPUキャラ(クラネス、亜神サイク)を使用しています。

ある10月7日の代々木リボルト けっしょう~おしまい

予選5試合が終了して集計も終わり、決勝進出者が発表されはじめました。

4勝で単独トップのひろよしさんは確定として、続く3勝者が10人以上いる状況で誰が決勝に進むのか…と皆が戦々恐々。


「上位にはCPU化しながらも勝った人がいます!」
「どっちだよ!」


というウェザリング部長のアナウンスへすかさずツッコむヨシさんにおいしい場面を持っていかれたのは、正直ちょっと悔しかったですw
(私は3回戦、ヨシさんは4回戦でCPU化しつつ勝利)

続きを読む

ある10月7日の代々木リボルト みっつめ~いつつめ

3回戦 スパイダー(8000G:30R)

手を出すと面倒なクリーチャーをファットボディで堅くして「踏んだら面倒だろ?だからこっち来んな!」というのがブックコンセプト。
どうせならもうちょい尖らせた方が良かった気もしますが。

ブック名:あみかさん

ファットボディが主力カードなので、このブック名にしました。

f:id:Sarutani:20181102022433p:plain

既に2勝をあげている若手の強豪・亀井団長&1勝済みの全国大会経験者であるパイロマンサーことぶるうすさんのいる修羅場のような卓へ放り込まれた挙句、10Rで接続切れとなってしまい、後はCPUの結果次第という色んな意味でどうしようもない状況へと追い込まれてしまいました。

続きを読む

ある10月7日の代々木リボルト ひとつめ~ふたつめ

1回戦 バトルワゴン(8000G:30R)

ブックは前月の大阪キセノンさんオフで使った水ブックへ多少手を入れたもの。
今見直すと序盤に水土地を取り損ねたときのリカバリー手段が弱くて安定性に欠けてますね。

ブック名:乙姫各駅散歩

f:id:Sarutani:20181102014119p:plain

続きを読む

ある10月7日の代々木リボルト ぜんじつ…くしかつ

連休だけに夜行バスもあまりお得じゃないし、これならLCCで前日入りしてカプセルホテルに泊まってもオフ当日に新幹線で行くのと金額的に大差ないんじゃね?
…というわけで、オフ前日の夕方に成田経由で代々木オリセンに到着。
既に勝手知ったるセンター棟の3階に集まった顔なじみの面々に挨拶してると「代々木オフへ、僕は来た」という実感がわいてきますね。

 

そんなこんなしてるうちに所用で中座していたウェザリング部長が戻ってきたので、部長謹製の名刺をカードホルダーに詰め込む参加者用の名札を作る内職モードへ突入。
仕事なら面倒この上ないですが、明日の楽しみの為だと思うと文化祭の準備みたいに盛り上がります。


部長曰く多すぎも少なすぎもしない人数が集まったのも、この和気あいあいとしたノリを生むのに丁度良かったですね。

準備も早々に片付いたところで初めましての方にご挨拶してたら、

「王様だー!!」
「王様?」
「ジ・アルトラの王様アバターだよ!」

f:id:Sarutani:20181020020144j:plain

ポイント最高値で獲得できるジ・アルトラの称号と王様アバターを持つたまちょん様が、さる筋から入手したという王冠を被って登場!
その威容を前に居並ぶセプターが驚愕-PANIC-!!
当のたまちょん様は穏やかでフレンドリーな好青年でしたけどね。
(写真撮っときゃよかった) 

続きを読む

ある9月23日の大阪カルドセプトリボルト対戦オフ…やきやき

キセノンさん(@Xe132)主催のカルドセプトリボルト対戦オフに参加してきました。
電車で30分あれば着く場所だからと油断してたせいか寝坊してギリギリの入場となったのはご愛敬。

第1試合:バトルワゴン/8000G/30R

f:id:Sarutani:20181013035639j:plain

f:id:Sarutani:20181013035831p:plain

皆が比較的ケンカせず伸ばしあう展開の中、終盤でLv5天トラをキメるわLV5を確定で落とすわとやりたい放題だった私がこのままゴール…と思いきや、ガイザーで連鎖切られるわ、ピンポイント踏みでLv5へアムルバニハを決められるわと、出た杭は打たれるという言葉の通り追い落とされて、結局3位で終了。

防魔ついてないけど侵略されるリスクは低かったマップ隅のG・ノーチラスを上げるのが正着だったかも…。
「けど防魔ついてる方を上げたくなるのは分かる」

と、試合終了後に観戦してたボイラーズさんと話してましたが、動画を見直すとそれ以前に色々ケアレスミスをやらかしてますね。
勝ち慣れない奴はこれだから。


20180923 カルドセプト大阪オフ 第1試合A卓

第2試合:カオスパレス/8000G/30R

f:id:Sarutani:20181013035929j:plain

先の接戦で精神的にヨレヨレなまま試合開始。
新しくブックを組む余裕なんて無いので、さっきのバトルワゴンで使った水ブックをそのまま使用。

着実に連鎖を伸ばすキセノンさんと、その後塵を拝しつつも潜在的有利をキープする星野さんを、水ブック同士の私のアサケンさんが追う…という展開を想定してたんですが、

「とりあえず踏んだところを攻める…」

と、ほくそ笑みながら場当たり的に私を殴ってくるアサケンさんの連鎖切りが地味に痛い…痛いんですが上位ふたりを隙あらば殴んないと追いつけないので、

「これ、俺の仕事ちゃうやろ~!!」

と泣きベソかきつつキセノンさんのLv1を110Gのバハムートで防具を消費させるために殴ったりしてましたが、結局はキセノンさんが逃げ切り。
どう考えても私が殴られる筋合いのない試合でしたが、4人の思惑が錯綜する理不尽さあってこそのカルドなわけで…。

幕間

休憩時間ということで手近な人を昼ご飯に誘ってみたところ、星野さんが付き合ってくれました。
若い女の子とシャレオツなつけ麺屋でランチ…と言えばちょっとしたデートみたいですが、実際はセプターとしての在り様を模索する星野さんのセプター論をつけ麺をすすりながら拝聴するという普段通りの流れ。
まあ星野さんだしね。

お店のメニューはクドさを抑えた魚介系スープと食べ応えのある太麺のバランスが良くて好印象でした。

www.suzume-group.co.jp

第3試合:スパイダー/8000G/30R

f:id:Sarutani:20181013040027j:plain

のんびり昼メシ食ってたらブックを組む時間が無かったので先の2戦で使ったブックを再利用。
いや、試合前にブック組んでこいといわれても艦これ夏イベ真っ最中で時間なかったので…。

 

詳細は失念してしまいましたが、中盤まではそこそこ平和な展開だったところを右下の砦近くに私がLv5を作ったことで皆の闘争本能に火をつけてしまって乱戦に突入。
周辺の土地が落ちたり落とされたりとやりたい放題してるうちに気がついたらBambooさんが突出してるのを誰も止められずに終了。
…という展開だったような。


あと結局は不発に終わったけど、Lv5へマジックシェルター張った直後にグリッサンドさんが待ってましたとばかりにバタリングラム引いてきたときはゲ〇吐きそうになったのは覚えてます。

第4試合:カオスパレス/8000G/30R

f:id:Sarutani:20181013040108j:plain

f:id:Sarutani:20181013040133p:plain

カルドセプト友愛協会」の頃から憧れてたベテランセプターのボイラーズさんと試合だー♡
と浮かれてたら、バーニングヘイルにフリーズサイクロンにスウォームにクラスターバーストといった全体焼きが次々出てくる旧世代の呪いのような全焼きブックでした…。

「また焼きスペル引いた!」
「これどうやって達成するんですか!?」
達成する気ねぇよ…最終ラウンドで場のクリーチャー全部焼くブックだよ…。

当然のごとくプレイ時間は全卓で最長となってしまい、PCで録画してるお陰で観戦しやすいこともあって他の卓で試合を終えた皆が次々集まってきます。
(しかも配信卓の中でここだけ録画失敗したとか。何の呪いだ)

「これどうやって達成するんですかね?」
「達成なんてせぇへんよ~。最後に(クリーチャーを)全部焼いて石と現金で逃げ切るつもりやわ~」

…と、旧作の全焼きブックを知るベテランが語る通りの展開になりつつありましたが、残り2Rくらいでボイラーズさんが全滅プレイを断念したと思しき動きを見せたことで他3人が一斉に土地上げへと方向転換することとなり、プレイ順が1番手だった私は1R分のハンデを取り戻す余裕など無く3位で時間切れ。
石…というか護符戦の立ち回りを学んでこなかったことが悔やまれる敗戦でした。

二次会

ヘトヘトになりつつもキレイめな店で乾杯。
先ほどの試合で酷い目に遭わされたボイラーズさんとの酒も和やかに進みます。

「応援してる野球チームがカルドのプレイスタイルに現れるんですよ!
例えば巨人ファンは手堅いブックを組みがちで…」

阪神ファンやとどうなります?

「一般的に王道とされてる線は外す感じで…」

それやとボイラーズさんは阪神ファンってこと?

「違います!私は横浜ファンですから!」

(野球はよぅ分からんけど、目くそ鼻くそちゃうの…?)

…こんな感じで皆とテキトーながらも楽しく盛り上がりながら目一杯しゃべって呑んで解散。

おわりに

私自身も大阪で何度か対戦オフを開催してきましたが、
「他にやってくれる人おらへんから~w」
という悪意はないけどツッコミたくなる某参加者さんの言葉が多分事実なことを否定できないことが対戦オフを年2回開催する原動力のひとつになってましたが、実際に私以外に対戦オフを運営してくれる人が出てきてくれると「もう俺がやらんでもええか」というより「もっと盛り上げたろ」という気持ちが湧き上がってきますね。

今後もキセノンさんや他の関西対戦オフ開催者が出てきてくれるのなら、ぜひとも一緒にセプター同士が交流する場を作っていきたいですね。